眉を何色で描くか

眉を何色で描くか

眉って地味なパーツのようで、実は顔立ちを決める要なんじゃないかと思う。
目や鼻や口がちょっと変わった形をしてるくらいは「個性的な顔立ち」ということになってむしろ長所になったりする。でも眉が風変わりなのはただの「変な顔」。
歌舞伎の女形の顔を女らしく見せているポイントも眉にあると思う。
そういうわけで、最近私は眉の化粧に力を入れている。
形はそこそこうまく描けるようになってきたんだけど、困るのが色。よく「眉の色は瞳と髪の中間色にするといい」って聞くけれど、それは髪を明るくしてる人に限った話なんじゃないだろうか。
私はまったく染めていない黒髪に暗めの赤茶色の目なので、この理屈だとかなり黒っぽい色がいいということになる。で、実際に黒っぽい色で眉を描くとイモトアヤコになる。
だから普段は茶系のアイブローパウダーを使ってるんだけど、これはこれでしっくりこない。グレー系は老け顔になるから使えないし。
就活のときは特に困ったなあ。だって就活本には茶色もグレーも論外、黒を使えって描いてあるんだもん。なのにその本に出てくる「正しい就活メイク」のモデルさんはどう見ても茶色で眉を描いてるっていう。結局、黒を使ってふざけた顔で就活するよりはましだろうと思って普段通りの茶色を使ってたけど。
一口に茶色っていっても色味は千差万別だから、似合うものを探し出して使うしかないんだろうな。人様はどうやって自分にあう色を見つけてるんだろう。